レオナルド・ダ・ヴィンチとは何をした人?〜ルネサンス期を代表する「万能の人」〜


レオナルド・ダ・ヴィンチの基本情報

 

生年:1452年
没年:1519年
出身:イタリア・フィレンツェ
死没地:フランス・アンボアーズ
別名:「万能の人」
代表作:『モナ・リザ』

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年 - 1519年)は、フィレンツェ出身のルネサンス期を代表する芸術家で、芸術分野に限らず、数学や生物学、物理学に地理学など幅広い分野で多大な業績を残した「万能の人」としても知られます。1466年にベロッキオで絵画と彫刻を学び、1482年からはミラノ宮廷で芸術家・建築家・技術者として重宝され、1498年『最後の晩餐』という有名な名作も生み出しています。1500年以降はフィレンツェに戻り、彼の代表作といえる『モナ・リザ』を完成させました。そんな彼の生涯は、1517年フランソア1世の招きで、フランス・アンボアーズ近郊のクルー城にて建築技師として働いたのち、1519年同地で終焉を迎えました。