カール・マルクスとは何をした人?〜『資本論』の著者〜

 

カール・マルクスの基本情報

 

誕生:1818年プロイセン
死没:1883年イギリス
思想:科学的社会主義(マルクス主義)
代表作:『資本論』

 

カール・マルクス(1818年 - 1883年)はドイツの経済学者および哲学者で、共産主義・マルクス主義の開祖として知られる人物です。ユダヤ人弁護士の子に生まれ、大学で哲学・歴史・法律を学んだ後「ヘーゲル左派」として出発。40年代からは急進的ブルジョア新聞の編集者時代をへて、エンゲルスとの出会いで社会主義思想を深めていき、48年『共産党宣言』を執筆しました。革命闘争に敗れた後は亡命先のロンドンで著作活動に専念し、67年マルクス経済学を代表する『資本論』を書き上げています。