ブレジネフとは何をした人?〜ブレジネフ=ドクトリン(制限主権論)の提唱〜

 

ブレジネフの基本情報

 

本名:レオニード・イリイチ・ブレジネフ
誕生:1906年エカテリノスラフにて
死没:1982年モスクワにて
在任:1964年10月14日 -1982年
政策:ブレジネフ=ドクトリン(制限主権論)/「プラハの春」弾圧/アフガニスタン侵攻

 

ブレジネフ(1906年 - 1982年)はソ連の政治家で、フルシチョフの失脚後実権を握り、その後18年間に渡りソ連の最高指導者としての地位についていた人物です。とりわけ、社会主義国の連帯を最優先する「ブレジネフ=ドクトリン(制限主権論)」と呼ばれる原則を定めたことで有名です。
ウクライナの製鉄労働者の家庭に生まれ、ソ連成立まもない1923年に成年共産同盟に加盟。31年共産党に入党後頭角をあらわし、次々と重要ポストを歴任する中、第二次世界大戦での戦功や戦後復興の功績により名声を高めました。そして64年フルシチョフが解任されると、66年書記長、77年最高ソビエト幹部議長となり、事実上の最高指導者として君臨するようになったのです。チェコで民主化運動「プラハの春」が起こると、「ブレジネフ=ドクトリン(制限主権論)」を唱えてこれを弾圧。またアフガニスタン侵攻を強行し、東西対立を激化させた上、戦費により経済を悪化させ、ソ連崩壊に向けた下地を準備してしまっています。