フランス革命で打破された「アンシャン・レジーム」とは何か

1789年〜1799年に10年間にわたり起こった フランス革命は、フランスの伝統的な社会構造を覆すものとなりました。

 

特に、特権身分の領土や特別な待遇や領土、免税に対して第三身分が不満を募らせたことが大きな原因となっています。

 

革命の前は、フランスは絶対王政の政治体制の下で、アンシャン・レジーム(旧制度)と呼ばれる体制が敷かれていました。

 

革命により打破されることになったアンシャン・レジームとはどのような体制だったのでしょうか。

 

ここでは、アンシャン・レジームの詳細を紹介していきたいとおもいます。

 

 

アンシャン・レジームの特徴

アンシャン・レジームは、フランス語で「Ancien=古い、旧の」と「Regime=体制」が合わさった意味を持ちます。

 

まず、アンシャン・レジームの古いフランスの身分、社会体制は王が政治を決めていく絶対王政を柱としていました。

 

第一身分が聖職者、第二身分が貴族、そして第三身分が人口の9割以上を占める平民で、平民のみが重い税負担を強いられていました。

 

第一・第二身分や王家は特権身分として豪華な生活をしていましたが、当時のフランスは財政赤字でした。

 

1789年にシェ・イエスはその著書『第三身分とは何か』で特権身分を批判しています。

 

揺らぐ身分制

絶対王政の下で贅沢な暮らしが市民から批判の的となったマリ=アントワネットがいたように、苦しい生活を送っていた庶民から王族や貴族は憎悪の対象となりました。

 

その反動で、フランス革命で王や王妃を含んだ多くの王族と貴族が断頭台で処刑されたことでも、民衆の怒りと不満が表れています。

 

また、フランス革命直前、ルイ16世が財政改革のために招集した三部会では、特権身分に対する課税をするかどうかで特権身分と第三身分の代表者が揉めることとなります。

 

アンシャン・レジームの終焉

アンシャン・レジームはフランス王国が成立した10世紀を起源とし、最盛期の16世紀を経て、フランス革命が起こる18世紀まで持続しましたが、18世紀末には体制の矛盾・不平等が明るみに出るようになります。

 

まず、第三身分の平民のうち、とりわけ生活苦であった農民は領主からの支配、重税で不満を募らせます。

 

一方で平民のうち、商工業者から成る有産市民層は次第に力をつけていくことになりますが、政治的発言力など実力にふさわしい待遇がないことに不満を感じていきます。

 

これらの不満が頂点に達して起こったのが、自由や平等などの理念を掲げたフランス革命であり、身分制を打倒せんとするこの革命の成功によりアンシャン・レジームは崩壊の運命を辿ることとなったのです。

 
ページの先頭へ戻る