フランク王国最初の王朝は何ですか?

フランク王国最初の王朝はメロヴィング朝(481年〜751年)といい、フランク一派サリ族のクローヴィスによる、ガリア全域のフランク諸部族を統一にともない成立しました。

 

王朝名はクローヴィスの祖父で、サリ族の部族長メローヴィスに由来しています。

 

クロービスは当時ゲルマン人の多くが信仰していたアリウス派からカトリック(アタナシウス派)に改宗し、旧西ローマ帝国貴族の支持を得ることで、王国の基盤を強化。さらに周辺のゲルマン部族を臣従させ、版図を大きく広げました。

 

しかしクローヴィスの死後、4人の息子に領土が分割されると、内乱を繰り返し権威が低下。代わりに、トゥール・ポワティエの戦い(732年)でイスラム勢力を撃退したことを始め、武功を積み重ねたカロリング家の名声が高まっていきます。

 

そして751年、カロリング家カール・マルテルの子ピピン3世によりカロリング朝が創始されたことで、メロヴィング朝は滅亡したのです。