名誉革命とフランス革命の違いを教えてください。

名誉革命は1688年にイギリスで起こった革命で、フランス革命は1789年にフランスで起こった革命です。どちらも絶対王政に対する反発から起こったという点では共通しています。

 

しかし両者の最も大きな違いとして、前者が国王が追放されるだけで済んだ「無血革命」であるのに対し、後者では国王始め多くの血が流れているという点ではないでしょうか。

 

名誉革命後は立憲君主制が確立し、「権利の章典」の制定で議会政治の基礎ができ、国内政治が安定に向かいましたが、フランス革命後は恐怖政治が始まったり、ナポレオンによる独裁が始まったりと、逆に政治的混乱が増していきました。

 

またフランス革命では、革命の波及を恐れたヨーロッパ諸国が、革命政府に対して様々な干渉を行ったために、フランス革命戦争、ナポレオン戦争とヨーロッパ全土を巻き込む戦争に発展しています。

 

イギリスがどこよりも速く産業革命を実現させ、国際社会の首位の座につくことができたのは、名誉革命で内政を落ち着かせ、大陸ヨーロッパ諸国同士が戦争を繰り広げる横で、海外進出による市場拡大や工業化政策に集中出来たことが大きいのです。