フランスの有名な山一覧

フランスには南西をピレネー山脈、南東をアルプス山脈という、国境を兼ねる山脈が走っており、これらの山脈付近は2000mを超える山々がそびえる山岳地帯となっています。最高峰はアルプス山脈のモンブラン(標高4807m)で、山頂をイタリアとの国境線が通過しています。

 

 

フランスの山脈

  • ヴォージュ山脈
  • ジュラ山脈
  • アルプス山脈
  • ピレネー山脈

 

モンブラン

標高:4807m
位置:オート=サヴォワ県、フランス・イタリア国境
山系:アルプス山脈>グライエアルプス山脈
初登頂:1786年8月8日
解説:フランス最高峰の山。山頂の領有をめぐりイタリアと長年揉めてきたが、最終的に「国境線は山頂を通る(=山頂の領有を共有する)」ということで合意にいたった。モンは山、ブランは白を意味し、すなわち白い山という意味。イタリア語ではモンテ・ビアンコと呼ばれる。

 

アニ峰

標高:2,504 m
位置:アキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県
山系:ピレネー山脈
初登頂:1771年
解説:「エビの山」という意味の山。バスク神話の中で、山の頂上には不死の果実をなす果樹園があったとされる。

 

ウルクル

標高:1,419 m
位置:フランス・アキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県
山系:ピレネー山脈
初登頂:バスク地方のシンボルとされる山。古代ローマ時代にローマ人がアキテーヌ地方征服の証として建造した塔の遺構が残っている。