カンナエの戦い

カンナエの戦いは、紀元前216年8月2日、カンナエで行なわれた、共和政ローマとカルタゴ間の戦いです。地中海世界の覇権を巡り争ったポエニ戦争の戦いの1つですが、この戦いではローマ軍はハンニバルの巧みな戦術により殲滅されています。ローマが戦史上最も苦戦を強いられた戦いの1つです。

 

 

カンナエの戦いの背景

カンナエの戦いを指揮したのは、生涯ローマとの戦いに身をささげ、ローマ史上最強の敵として語り継がれているハンニバル。彼は幼いころから反ローマ教育を受けて育ち、25歳にして将軍に選ばれ、以後ローマ攻略の陣頭指揮を任されていました。カルタゴ軍はそんな若き将軍の指揮のもと、前218年アルプスを超えてローマ領に侵入し、トレビア川の戦い、トラシメヌス湖畔の戦いでローマ軍を撃破するのです。

 

カンナエの戦いの結果

紀元前216年、カルタゴ軍はアプリア地方のカンナエ付近に進軍。自軍の倍近いローマ兵4万が待ち構えていましたが、巧みな戦術によりローマの裏をかき、圧倒的劣勢の中、これを包囲殲滅することに成功したのです。ローマ側は7万が戦死し、1万人が捕虜となったのに対し、カルタゴ軍の死傷者は7千人程度と軽微なものでした。この戦いの勝利によりハンニバルはイタリア征服に大手をかけ、ローマ中を震撼させたのです。

 

カンナエの戦いの影響

窮地に陥ったローマは、直接対決ではなく持久戦に持ち込む作戦にシフト。本丸のカルタゴではなく、カルタゴの周囲を攻撃し、補給路を断つことで、相手の息切れを狙いました。そして持ちこたえること14年、作戦が功を奏し、前202年ザマの戦いで、大スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破り、ようやく流れを変えることができたのです。ポエニ戦争は最終的にローマの勝利と終わり、地中海世界の覇権を確立しています。

 

 
ページの先頭へ戻る