ローマ帝国が繁栄した理由は?

ローマ帝国(帝政時代の古代ローマ)はその成立以来、200年間、「ローマの平和(Pax Romana)」と呼ばれる平和と繁栄を享受しました。

 

アウグストゥスのローマ皇帝即位から、五賢帝最後の皇帝マルクス・アンレリウス・アントヌニスの死去にいたるまで、国境の守りは固く、異民族の侵入もなく、国内の治安は安定していました。

 

国内の治安が安定したことで、交通や物資の交流がさかんになり、商業的にも繁栄したのです。

 

また五賢帝と呼ばれる5人の皇帝が、良く国を治めていたこともローマの繁栄に大きく寄与しています。

 

五賢帝による繁栄

ローマ帝国の繁栄に大きく寄与したとされるのが、1世紀末から2世紀後期に君臨していた5人の皇帝です。

 

この5人が君臨した時代は五賢帝時代と呼ばれ、パックス・ロマーナの大部分を占めています。とりわけトラヤヌス帝の治世でローマの版図は小アジアにまでおよび、過去最大になりました。

 

貿易による繁栄

パックス・ロマーナの時代になると、地中海貿易はいっそうさかんに行われるようになりました。

 

オリエント世界を支配下に治めたことで、東方との繋がりが密接となり、香辛料や絹の交易により、莫大な利益をあげました。