ポエニ戦争

ポエニ戦争は、前3世紀から前2世紀にかけて、共和政ローマとカルタゴとの間で地中海世界の覇権を巡って争われた戦争です。戦いは三次に渡って行なわれましたが、全ての戦いで勝利を収めたローマが、カルタゴ領土を自国の勢力圏に組み入れた上で、地中海世界の覇権を確立しました。なおカルタゴはフェニキア人に創設された植民市が発展して出来た国で、「ポエニ」とはラテン語で「フェニキア人」を意味しています。

 

第一次ポエニ戦争

期間:前264年〜前241年

 

第一次ポエニ戦争は三度にわたり行われたポエニ戦争の初戦です。これに勝利したローマは戦利品としてカルタゴからシチリアを奪い取り、イタリア半島外にもつ初めての海外領土となりました。逆に敗北したカルタゴは、厳しい講和条件を突きつけられ、多額の賠償金を払うこととなりました。

 

第二次ポエニ戦争

期間:前219年〜前201年

 

第二次ポエニ戦争は、知将ハンニバルによるイタリア侵攻に端を発し起こりました。ハンニバル戦争とも。予想外の「アルプス越え」を受け、前216年カンナエの戦いではハンニバル率いる軍勢にローマ軍が殲滅させられています。ローマはカルタゴに征服される寸前まで行きましたが、持久戦に持ち込むとカルタゴが先に息切れし撤退していきました。

 

第三次ポエニ戦争

期間:前149年〜前146年

 

第三次ポエニ戦争は、ローマが第二次ポエニ戦争後のカルタゴの復興力や経済力を脅威とみて、カルタゴに不当な圧力をかけ始めたことが発端となりました。ローマはカルタゴが圧力に耐えきれず要求を拒否したことを口実に、半ば強引に戦端を開いてしまったのです。そしてローマによる3年間にわたる包囲戦のすえカルタゴはついに陥落し、滅ぼされてしまいました。

 

 
ページの先頭へ戻る