トルコ料理の歴史

現在のトルコ料理はトルコの人々が住んでいた土地であったり、その周りの地域の影響を受けています。

 

トルコ料理はどんな影響を受けて現在の形になったのかを詳しく見ていきましょう。

 

 

中央アジアで遊牧の時代

トルコの人々の故郷は中央アジアでした。 そこは厳しい気候と乾燥した土地で作物が育ちませんでした。

 

そのため遊牧生活に最も適した動物である羊が主な食料となっていました。

 

また、狩りで得た動物の肉も干したり、発酵させることで長期保存して食していました。

 

中央アジアからアナトリア半島へ移動

現在、トルコ領の大部分を占めるアナトリアは農業に適した土地であり、トルコ人の祖先はここに定住しました。

 

今までの遊牧生活で食料としていた羊肉に加えて、農業で得た野菜や果物、海産物を使った料理に発展しました。

 

また、東洋との交流で香辛料が手に入るようになったのはこの時代です。

 

オスマン帝国として地中海周辺を支配

中東・アフリカ・ヨーロッパと3つ大陸に大きな版図を持つオスマン帝国時代にトルコ料理は周辺の様々な食文化と融合しさらに発展しました。

 

オスマン帝国の宮廷料理は様々な地域の料理人が料理を考案し、たくさんのレシピが生まれました。

 

その時の宮廷料理が現在のトルコ料理の原型となり、世界の料理文化に影響を与えました。