ピサロとは何をした人?〜インカ帝国を征服〜

 

ピサロの基本情報

 

本名:フランシスコ・ピサロ
別名:コンキスタドール(征服者)
生年:1470年頃
没年:1541年
出身:スペイン,トルヒージョ
死没地:ペルー,リマ
政策:インカ帝国征服

 

ピサロ(1470年頃 - 1541年)はスペインの探検家で、インカ帝国を征服したコンキスタドール(征服者)として知られます。カスティーリャ王国の生まれで、探検家として活動する中で、ラテンアメリカ西海岸に根を張る黄金の国・インカ帝国の存在を知り、遠征計画を抱き始めます。そして1531年、内戦で疲弊している隙をついて侵略を開始し、33年皇帝を処刑してインカ帝国を滅ぼしてしまいました。多くの先住民に恨まれたピサロですが、そんな彼の生涯は、同胞スペイン人との内紛の末に暗殺され幕を閉じるという呆気のないものでした。