ドイツの旧植民地はどこの国?

ドイツの旧植民地はどこの国ですか?

ドイツの旧植民地は以下の通りです。

 

ドイツの旧植民地一覧【()内は統治期間】

  • ドイツ領ニューギニア(1885〜1918年)
  • ドイツ領南西アフリカ(1884〜1918年)
  • ドイツ領東アフリカ(1885〜1918年)
  • ドイツ領カメルーン(1884〜1918年)
  • ドイツ領トーゴラント(1884〜1918年)
  • ドイツ領ヴィトゥ(1885〜1890年)
  • ドイツ領サモア(1899〜1918年)
  • 膠州湾(1898〜1918年)
  • 天津租界地(1895〜1917年)
  • 漢口租界地(1895〜1917年)

 

ドイツはイタリア同様、統一国家の建設に遅れをとったため、植民地事業への参入もかなり遅めです。

 

しかしプロイセン主導でドイツ統一を果たし、ビスマルクの掲げる「鉄血政策」のもと、本格的に植民地獲得に動き出しました。

 

当時のドイツは重化学工業を軸に急速に工業化を進めていたため、その原料供給地として絶好の条件であるアフリカにその野心は向けられました。

 

その他、統一ドイツ成立から第一次大戦勃発まで、太平洋諸島や中国などにも植民地が建設され、「ドイツ植民地帝国」と呼ばれる勢力圏が構築されています。