アイスランドでは「羊の頭」を食べる!?

アイスランドでは人口より多いと言われる羊を使った料理が有名です。ステーキにスープといったオーソドックスな料理もありますが、羊の頭を使った「スヴィズ」という(少なくとも多くの日本人にとっては)ショッキングなビジュアルの料理も存在します。

 

アイスランドの伝統料理

スヴィズは、もともと寒さが厳しいアイスランドで、貴重な羊をどこも無駄にしないために発展した料理でした。現在では1月中旬から2月中旬にある真冬の祭り「ソーラブロート」の期間に食されることが多いです。この祭りは、元は「ソーリ」と呼ばれる北欧神話の神様に生贄をささげるものでした。今では伝統的なヴァイキング料理を食べる祝宴となっています。厳しい真冬の期間なので料理は保存できるものが中心で、この中にスヴィズも出てきます。

 

スヴィズの食べ方

調理方法としては、まず毛を焼きます。次に頭を半分に切って脳を取り出し、その後塩水で煮ます。見た目は独特ですが味は普通のラム肉で、特に頬肉や舌、目玉などがおいしいと言われています。付け合わせは野菜のピューレやマッシュポテトが定番となっています。レイキャビクのBSIバスターミナルにあるカフェテリアでは、このスヴィズを毎日食べることができます。また、スーパーで冷凍したものが売られていることもあります。