ロシアの森林

ロシアはシベリアを中心に広大な森林地帯を有する国で、その森林面積は世界第一位です。南部ステップ地帯から北には、モミやトウヒなど広大な針葉樹の森(タイガ)が広がっており、トラやヒョウ、クマなど様々な野生動物が暮らす生物多様性の宝庫になっています。

 

ロシアタイガの森林構成

ロシアにおけるタイガの森林構成は地域によって異なっており、エニセイ川の西はモミやトウヒなど常緑針葉樹が多いですが、東はカラマツを中心とした落葉針葉樹が広がっています。

 

ロシアタイガの森林破壊

ロシアのタイガは世界有数の木材産出拠点でもあり、木材の生産や乱開発による森林破壊が問題になってきています。さらに近年は地球温暖化の進行で、山火事によりタイガが焼失することも増え、森林資源や生態系への悪影響が懸念されています。

 

日本もロシア(極東、東シベリアなど)から大量の木材を調達しているため、ロシアの森林破壊問題は無関係ではありません。