ローマの「建国神話」のあらすじ

ローマの「建国神話」とは、古代ローマが誕生するまでの神話、伝承のことです。

 

代表的なものとしては、「アイネイアースの伝承」や、「ロームルスのローマ建国」などがあり、ここでは、そのあらすじを解説します。

 

 

「アイネイアースの伝承」とは

アイネイアースは、トロイア王家のアンキーセースと女神ウェヌスを両親とする半神の英雄です。

 

トロイア戦争に身を投じ、トロイアの滅亡後は、新たな居住地を求めて旅に出ます。そして苦難の旅の果て、やがてたどり着いたのがイタリア半島のラティウムだったと言われています。

 

アイネイアースはこの地でさらなる困難を乗り越え、ラウィニウムという都市国家を建設します。このことはのちに詩人ウェルギリウスが、叙事詩『アエネーイス』としてまとめています。

 

「ロームルスのローマ建国」とは

アイネイアースの死後、その子孫の巫女レア・シルウィアが、軍神マルスとの間に産んだとされているのがロームルスとレムスという双子です。

 

ロームルスとレムスはラウィニウムの権力争いに巻き込まれ不遇な運命を辿りますが、その後兄弟で反逆者を討ち、自分たちが育ったパラティーノの丘に、新しい都市を作ろうとしました。

 

ところがここで、これまで力を合わせてきた二人は対立してしまいます。最初は平和的な方法で新しい都市の支配権を決めようとしましたが、最終的には戦闘となり、その結果、勝利したのがロームルスでした。

 

その後、ロームルスが作った都市は、ロームルスの名前を取って「ローマ」と呼ばれるようになります。ロームルスは最初の王であり、七つの丘に城壁を気付いたほか、「元老院」や「軍団」など、ローマを支える基本となる制度を多く作りました。