アメリカとスイスの関係

それ以前からスイスからアメリカへの移住や領事館が設置されるなど導線は引かれていたものの、両国の正式な外交関係はスイス連邦の成立以後、19世紀後半に確立されています

 

それ以後は歴史的に密接に繋がり、同じ理念を共有し、連邦制という類似の政治体制を採用する国として、良好な関係を保っています。

 

両国の間に特別な信頼関係があるからこそ、アメリカとイランの関係悪化に際して、スイスが橋渡し役として重要な役割を果たしているのです。(参考:米イラン関係、なぜスイスが関与?)

 

しかしその一方で、近年はスイスの銀行がアメリカ人の脱税をほう助しているとして、両国の経済関係は悪化傾向にあり、「完全無欠に仲良し」とまではいえないのも実情です。