ロシア革命の流れをわかりやすく解説

1917年に起こったロシア革命の流れをわかりやすく教えてください!

ロシア革命は、ロシア帝政を崩壊させた二月革命と、その後臨時政府が倒れ社会主義政権の誕生にいたった十月革命で成り立っています。

 

そして全ての始まりは、1914年に勃発した第一次世界大戦に、ロシアが協商国として参戦したことからです。短期決戦を見込んで参戦した戦争は想定外に長引き、総力戦であった為に、生活を制限された国民は皇帝に対し不満を募らせていきます。

 

そんな中で1917年3月(ロシア歴2月)にソビエト主導で起こされえたストライキは、制御不能なほどに大規模なものとなり、ニコライ2世は退位に追い込まれ、帝政は崩壊してしまうのです。これがいわゆる二月革命で、ロシア革命の第一段階になります。

 

二月革命でロシア帝政が倒れると、臨時政府が政治を主導しますが、国民の意に反して戦争継続の方針をとったため、即時戦争停止と社会主義革命を訴えるレーニンが新たな指導者として支持されます。

 

そしてレーニンは「すべての権力をソビエトに」とスローガンを掲げ、1917年11月(ロシア歴10月)武装蜂起で臨時政府を打倒。ソビエトを最高権力に置くロシア・ソビエト連邦社会主義共和国を成立させました。これがいわゆる十月革命になります。

 

その後ロシア内戦を経て一党独裁体制を確立させたのち、ベラルーシ、ウクライナ、ザカフカス(アゼルバイジャン、アルメニア、グルジア)など社会主義共和国を連合し、ソヴィエト社会主義共和国連邦(ソ連)を成立させたのです。