日本とオーストリアの関係

オーストリア=ハンガリー帝国時代の1869年に、明治政府との間で日墺修好通商航海条約が結ばれたのが、両国の外交関係の始まりです。

 

それから間もない1873年のウィーン万博には日本も参加し、名古屋城の金鯱や鎌倉大仏模型などインパクトある展示で、「ジャポニスム」として多くのオーストリア人の印象に残りました。

 

20世紀以降の関係

第一次世界大戦では敵対関係になりましたが、「青島の戦い」で多くのオーストリア人が収容されたことをきっかけに、音楽・料理など様々なオーストリア文化が日本で親しまれるようになっています。

 

第二次世界大戦ではアンシュルスでナチスドイツに同化され、ナチスドイツの敗戦とともに連合国に占領されたので、1955年まで両国の国交は断絶されていたものの

 

国交回復後は経済・文化交流が進展し、日本はオーストリアにとって指折りの貿易相手国となった他、日本のサブカルチャーや伝統文化に興味を持つオーストリア人も増えてきてるなど、良好な関係が続いています。