フィンランド料理の特徴

フィンランド料理の特徴

過酷な風土を背景にした食材の乏しさゆえに、フィンランド料理の評判はお世辞にも良いとは言えなかったのですが、近年は食材の多様化や調理技術の向上で、そうした悪い印象は払拭されつつあります。

 

 

フィンランドの肉料理

東部では肉をたっぷり使った料理がよく食べられ、ミートボールの「リハプッラ」、ロールキャベツの「カーリカーリュレート」などが伝統料理として知られます。

 

フィンランドの魚料理

東部では魚をたっぷり使った料理がよく食べられ、ジャガイモが添えつけられて出されることが多い「ニシンの塩漬け」は伝統料理です。

 

フィンランドの野菜料理

フィンランド西部では野菜料理がよく食べられ、エンドウ豆のスープの「ヘルネケイット」、マッシュポテトなどが人気です。ジャガイモは18世紀以降よく食べられるようになりました。

 

フィンランドのお菓子

フィンランドでは、牛乳やバターなど乳製品の生産がさかんなので、それに呼応するようにお菓子作りもさかんに行われています。とりわけブルーベリーやホロムイイチゴといったベリー類を使ったお菓子が多いです。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理