古代ローマの哲学者一覧

 

古代ローマ時代に活躍した哲学者を紹介しています。

 

 

マルクス・トゥッリウス・キケロ

生年:前106年〜前43年

 

共和政ローマ末期に活躍した哲学者です。カティリーナの陰謀における活躍が有名。ギリシア哲学をラテン語に訳し、アリストテレスがまとめた「トピック」を明確に定義した功績を持ちます。

 

マルクス・アウレリウス・アントニヌス

生年:121年〜180年

 

161年から180年までのローマ皇帝ですが、ストア派の哲学者としても知られます。哲学の知識を活かし、うまく国家運営をしたことから、五賢帝の一人に数えられています。少年時代から家庭教師の影響で哲学に傾倒し、ベッドではなく床で寝たり、哲学者風の衣装で過ごすなど、哲学的な生活様式にこだわったといいます。

 

アレクサンドロス

生年:2〜3世紀頃

 

ローマ帝政期に活躍した、アナトリアのカリア出身の哲学者で、アリストテレス著作の注釈書を数多く出した注釈者として有名です。

 

ルキウス・アンナエウス・セネカ

生年:前1年頃〜65年

 

ローマ帝政期に活躍したストア派の哲学者で、多くの優れた悲劇を著した劇作家としても有名です。ネロの師で、「ネロの五年間」の立役者ともいわれていますが、後に反逆の疑いがかけられ、ネロの命により自殺しています。