アイルランド内戦

アイルランド内戦とは、1922年、アイルランド自由国アイルランド独立戦争を経て成立)において、イギリスからの完全独立や北アイルランド地域の統治といった諸問題を原因として起こった内戦です。最終的には、アイルランド独立戦争以上の犠牲者を出す結果となりました。

 

アイルランド内戦の原因

アイルランド独立戦争の講和条約、英愛条約の内容に基づき、アイルランド自由国が誕生しました。アイルランドは長年待ち望んだ自治を達成したかの見えましたが、その条約の実態はプロテスタント系住民の多い北部地域はイギリス領に留まり、南部もあくまで自治領として扱われるというものでした。その中途半端な独立を遂げた結果、今のまま妥協すべきとする講和派と、あくまで完全な独立を目指すべきであるとする完全独立派に分かれ、同胞が殺し合う内戦へと発展していってしまうのです。

 

アイルランド内戦の結果

主要都市を奪い合う激しい戦闘、度重なる暗殺や処刑といった凄惨な事件の後、内戦は政府側の勝利で幕を閉じました。犠牲者は4000名とも言われ、独立戦争のそれを上回る結果となり、経済的にも深刻なダメージを負いました。

 

アイルランド内戦の影響

内戦終結後、独立派と講和派の抗争は政治の舞台へ移っていきました。そして独立派がしだいに勢力を伸ばし、1949年には完全独立を達成、98年には北アイルランドの和平合意が成立したことで、政治を舞台にした抗争も一応の終息をみたのです。

 

 
ページの先頭へ戻る