フランク王国の法制度・裁判制度はどのようなものだったのですか?

フランク王国は古代ローマ帝国の故地ガリアに建国された王国なので、法制度については少なからぬ部分でローマ時代のものを引き継いでいました。

 

ローマから継承した制度の中でも、とくに重要な役割を果たしたのは伯(コメス)と呼ばれる統治制度(役職)。

 

各地に一定の司法権・行政権・軍事権を与えられた伯管区を設置することで、地方支配を行い、広大な王国領を統治していました。

 

また起源ははっきりしないものの、その伯管区を統括する「大公」と呼ばれるさらに上位の役職も存在しました。