ギリシャ神話における「鳥の怪物」とは?

ギリシャ神話やダンテの叙事詩の世界には、「ハルピュイア」と呼ばれる伝説の生物がいます。

 

女性の頭を持った彼女は、翼を持ち、身体は鳥に近い見た目をしています。ここでは、半人半鳥であるハルピュイアについて簡潔に解説していきます。

 

ハルピュイアはどんな生物?

ハルピュイアの顔は青白く不健康な色をしていて、美しいとは言えません。また、翼とかぎ爪を持つため鳥のような見た目をしています。

 

常に空腹であり、視界に入った食べ物を全て食べてしまう様子からも「むしり取る」という意味の「ハルピュイア」という名がつけられています。

 

食べ物をむしり取っていく上に、独特な悪臭、耳障りな声を持つためにおぞましい存在として認識されています。

 

ハルピュイアとピーネウスの関係とは?

ハルピュイアは地下で「ハーデース」と呼ばれる冥府の神に仕えていました。

 

そんなハルピュイアはある日「ピーネウス」と呼ばれる予言者を処罰する遣いとして送られました。彼は沢山の人に予言を与えたため、沢山の神の怒りを買ってしまいました。

 

ハルピュイアは、彼を罰するためにピーネウスの食事を勝手に食べ、自分の食べ残しを食べられないように汚して帰りました。

 

その結果、ピーネウスは常に飢えていました。このストーリーから、ハルピュイアは下品な怪物であると言い伝えられています。