アルメニアの年表

 

アルメニア(正式名称アルメニア共和国)は東ヨーロッパ(もしくは西アジア)の 南コーカサスに位置する共和制国家です。国土が 小コーカサス山脈とアルメニア高地で構成された内陸国で、気候は 低地ではステップ気候、高地では亜寒帯湿潤気候が支配的です。首都は前7世紀以来の古都で、バラ色の石造建築物が多いことで知られるエレバン。

 

この国ではとくに 工業が発達しており、中でも機械(電気機器や自動車など)・化学(クロロプレンやアセテートなど)の生産がさかんです。また1 国内に多数点在する鉱床を背景にした金・銀・銅などの生産もこの国の重要産業となっています。

 

そんな アルメニアの歴史は、前9世紀アルメニアの地を中心に成立したウラルトゥ王国の時代まで遡ることができます。5 前6世紀にウラルトゥが滅ぶとアルメニア人の定住が始まり、前2世紀にアルメニア王国が誕生しました。アルメニア王国は前1世紀にローマの支配下を受けるようになり、301年には史上初めてキリスト教を国教にした国家となりました。

 

中世以降はモンゴル帝国、トルコ民族のセルジューク朝、オスマン帝国の支配を経て、19世紀に大半がロシアに併合。20世紀にはロシア革命を経て成立したソ連に参加します。そして長い社会主義時代を過ごしたのちに、1991年アルメニア共和国としてソ連から独立を宣言して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなアルメニアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

アルメニアの歴史年表

前860年 ウラルトゥの成立
前782年 エレブニの建設
前585年 ウラルトゥの滅亡
前550年頃 アケメネス朝の支配
前331年 マケドニア王国の支配
前188年 アルメニア王国の成立
前95年 ティグラネス2世の即位
前69年 ティグラノケルタの戦い
66年 アルサケス朝アルメニアの成立
301年 キリスト教の国教化(世界初のキリスト教国誕生)
387年 アルメニアの東西分裂
405年 アルメニア文字の発明
451年 カルケドン公会議
536年 ペルシア領アルメニアとの断絶
652年 アルメニアの東西分裂が解消
693年 ウマイヤ朝による支配
750年 アッバース朝による支配
885年 バグラトゥニ朝アルメニアの成立
1045年 東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の支配
1071年 セルジューク朝による支配
1194年 ホラズム・シャー朝による支配
1198年 キリキア・アルメニア王国の成立
1258年 モンゴル帝国イルハン朝の支配
1375年 キリキア・アルメニア王国の滅亡
1828年 ロシアによる支配
1848年 1848年革命
1895年 第一次アルメニア人虐殺
1915年 ヴァンの反乱/第二次アルメニア人虐殺
1918年 アルメニア共和国(第一共和制)の成立
1920年 アルメニア・ソビエト社会主義共和国の成立
1922年 ソ連に参加
1988年 スムガイト暴動
1988年 ナゴルノ・カラバフ戦争(〜94年)
1991年 アルメニア共和国(第二共和制)として独立
1991年 アルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国)の成立
1999年 アルメニア議会銃撃事件
2020年 第二次ナゴルノ・カラバフ紛争