アルメニアの歴史年表

アルメニアの国旗

 

アルメニアの国土

 

アルメニア(正式名称アルメニア共和国)は東ヨーロッパ(もしくは西アジア)の 南コーカサスに位置する共和制国家です。国土が 小コーカサス山脈とアルメニア高地で構成された内陸国で、気候は 低地ではステップ気候、高地では亜寒帯湿潤気候が支配的です。首都は前7世紀以来の古都で、バラ色の石造建築物が多いことで知られるエレバン。
この国ではとくに 工業が発達しており、中でも機械(電気機器や自動車など)・化学(クロロプレンやアセテートなど)の生産がさかんです。また国内に多数点在する鉱床を背景にした金・銀・銅などの生産もこの国の重要産業となっています。
そんな アルメニアの歴史は、前9世紀アルメニアの地を中心に成立したウラルトゥ王国の時代まで遡ることができます。前6世紀にウラルトゥが滅ぶとアルメニア人の定住が始まり、前2世紀にアルメニア王国が誕生しました。アルメニア王国は前1世紀にローマの支配下を受けるようになり、301年には史上初めてキリスト教を国教にした国家となりました。中世以降はモンゴル帝国、トルコ民族のセルジューク朝、オスマン帝国の支配を経て、19世紀に大半がロシアに併合。20世紀にはロシア革命を経て成立したソ連に参加します。そして長い社会主義時代を過ごしたのちに、1991年アルメニア共和国としてソ連から独立を宣言して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなアルメニアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

アルメニアの歴史年表

 

古代アルメニア

前860年 ウラルトゥ王国の成立

ナイリの諸部族を統一したアラマによりウラルトゥ王国が建国される。最盛期にはアルメニア高原の全域を支配した、アルメニアの原型といえる国。

 

前782年 首都エレブニの建設

ウラルトゥのアラクス川流域に砦が築かれ、現アルメニアの首都エレブニの原型となった。

 

前585年 ウラルトゥ王国の滅亡

前6世紀頃から衰退が始まり、メディア人やスキタイによる攻撃を受け滅亡した。

 

前550年頃 アケメネス朝の支配

ペルシアに起こったアケメネス朝がオリエント世界全域に勢力を拡大し、アルメニア一帯もその支配下に入る。

 

前331年 マケドニア王国の支配

アレクサンドロス大王率いるマケドニア軍が、東方遠征の一環としてペルシアに進出。ダレイオス3世率いるペルシア軍を破り、以後アルメニア一帯はマケドニア王国の支配下に入った。

 

前188年 アルメニア王国の成立

アルタクシアス朝により、史上初めてのアルメニア人による独立国家アルメニア王国が建設される。同王国は「大帝」ティグラネス2世(在位:前95年頃 - 前55年)の治世で全盛期を迎えた。

 

前95年 ティグラネス2世の即位

前69年 ティグラノケルタの戦い

ローマ軍との戦いで大敗し、建国以来獲得した領土を全て失った。アルメニアはパルティアとローマの緩衝地帯としての存在に没した。

 

66年 アルサケス朝アルメニアの成立

パルティアのアルサケス家がアルメニアの王位を継承し、アルサケス朝アルメニア王国が成立する。

 

301年 キリスト教の国教化(世界初のキリスト教国誕生)

アルメニア王ティリダテス3世によりキリスト教がアルメニアの国教となる。ローマのキリスト教国教化の79年前の出来事であり、アルメニアは世界初のキリスト教国家となった。

 

387年 アルメニアの東西分裂

ティリダテス没後のアルメニアは政治的混乱に陥り、その隙を突いたローマとペルシアにより、アルメニア一帯は分割支配(ローマ領アルメニアとペルシア領アルメニアに分裂)されることとなった。

 

405年 アルメニア文字の発明

アルメニア語表記に用いるアルメニア文字が、聖人メスロプ・マシュトツにより発明された。ギリシア文字を参考に創られたと考えられている。

 

451年 カルケドン公会議

カルケドン公会議の結果、アルメニアの宗派は非主流派となり、「アルメニア使徒教会」の成立に繋がった。

 

中世アルメニア

536年 ペルシア領アルメニアとの断絶

東ローマ皇帝ユスティアヌスが、東ローマ領アルメニアにおける行政職を全て撤廃。国境を要塞化し、ペルシア領アルメニアとの交流の一切を遮断した。

 

652年 アルメニアの東西分裂が解消

東ローマ帝国の縮小やアルメニア公の外交努力により、387年以来のアルメニアの東西分裂状況が解消された。

 

693年 ウマイヤ朝による支配

アラブ・東ローマ戦争の結果、ウマイヤ朝によるアルメニア支配が確立された。

 

750年 アッバース朝による支配

アッバース革命によりウマイヤ朝が滅び、アルメニアは新たに創建されたアッバース朝の支配下に入った。アッバース朝治世下において、アルメニアには自治権や信教の自由が認められ、農業と交易により栄えるようになった。

 

885年 バグラトゥニ朝アルメニアの成立

8世紀後半以降、バグラトゥニ家が新たなアルメニアの支配層としての地位を固める。そして885年にはアッバース朝から独立し、バグラトゥニ朝アルメニアを成立させた。

 

1045年 東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の支配

東ローマ皇帝バシレイオス2世により、バグラトゥニ朝アルメニア王カギク2世が廃位させられ、アルメニア王国は崩壊する。

 

1071年 セルジューク朝による支配

マラズギルトの戦いで東ローマに勝利したセルジューク朝がアルメニアの支配を確立させる。マリク・シャー治世のもと、商業や芸術の振興、インフラ整備などが推進された結果、アルメニア経済は発展をみることとなった。

 

1194年 ホラズム・シャー朝による支配

セルジューク朝が滅ぶと、ホラズム・シャー朝が勃興し、モンゴル帝国に滅ぼされるまでアルメニアの支配者として君臨した。

 

1198年 キリキア・アルメニア王国の成立

東ローマ帝国によりキリキアに送り込まれたアルメニア人により、キリキア・アルメニア王国が建国される。アルメニア本国がトルコ人に侵略された際は、大勢のアルメニア人がキリキアに亡命した。マルムーク朝の侵略により1375年滅亡。

 

1258年 モンゴル帝国イルハン朝の支配

中央アジアよりモンゴル帝国の軍団が襲来し、アルメニアはモンゴル帝国地方政権イルハン朝の支配下に入った。

 

1375年 キリキア・アルメニア王国の滅亡

エジプトを中心としたイスラム王朝・マルムーク朝の占領を受け、キリキア・アルメニア王国が滅亡する。

 

近代アルメニア

1828年 ロシアによる支配

第二次ロシア・ペルシア戦争の講和条約・トルコマンチャーイ条約により、ペルシア領アルメニアがロシア帝国に併合される。

 

1848年 1848年革命

フランスにおける二月革命に端を発し、西ヨーロッパ全域でナショナリズムの高揚および民主化運動が活発化する。その動きはアルメニアにも波及し、民族解放思想が育つようになった。

 

1895年 第一次アルメニア人虐殺

1848年革命以降過熱していた民族解放運動を鎮圧する過程で、オスマン帝国によるアルメニア人虐殺事件が発生する。いまだに論争の的になる事件だが、オスマン帝国の計画的かつ組織的なジェノサイドであったとする説が有力。

 

1915年 ヴァンの反乱/第二次アルメニア人虐殺

 

1918年 アルメニア共和国(第一共和制)の成立

ロシア革命後、ザカフカース民主連邦共和国の崩壊にともないアルメニア第一共和国が成立した。

 

1920年 アルメニア・ソビエト社会主義共和国の成立

アルメニア共和国政府が打倒され、ソビエト政権の樹立が宣言されるとともに、アルメニア・ソビエト社会主義共和国が成立した。

 

1922年 ソ連に参加

ロシア内戦に打ち勝った共産主義勢力によりソビエト連邦が結成され、アルメニアソビエト社会主義共和国もそれに加わった。

 

1988年 スムガイト暴動

 

1988年 ナゴルノ・カラバフ戦争(〜94年)

アゼルバイジャンとの間で、ナゴルノ・カラバフ自治州を巡る武力衝突が勃発。住民の8割がアルメニア系のナゴルノ・カラバフ自治州が、アゼルバイジャンからの独立(アルツァフ共和国の建国)を宣言したことがきっかけとなった。決着がつかないまま1994年停戦が成立。

 

現代アルメニア

1991年 アルメニア共和国(第二共和制)として独立

ソ連からの独立を宣言し、現在に続くアルメニア共和国(第二共和制)が成立した。

 

1991年 アルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国)の成立

 

1999年 アルメニア議会銃撃事件

 

2020年 第二次ナゴルノ・カラバフ紛争

停戦していたナゴルノ・カラバフ戦争が再開され、1か月半の戦いの末、ナゴルノ・カラバフの大部分を失い、事実上の敗北という形で戦争が終結した。