古代ギリシャ人の化粧(メイク)事情とは?

 

イスラエルの9万年前の遺跡から出土したネックレスから、化粧をしていたと思われる痕跡が確認されています。「美しくありたい」というのは太古の昔から変わらない人間の欲求のようです。古代世界屈指の文明レベルを誇ったギリシャにも化粧をする文化がありました。

 

古代ギリシャの化粧の特徴

古代ギリシャと関係が深い古代エジプトでは化粧が非常に重視され、美しさのアピールだけでなく、魔除けや日よけ目的で濃い化粧をすることが非常に多かったようです。そして女性だけでなく男性も化粧をしていました。

 

他方、古代ギリシャでは人間がもつそのままの美が讃えられる風習があったので、化粧をするにしてやりすぎず自然なものが好まれたようです。また服喪の際には化粧をするのは好ましくなかったようです。

 

古代ギリシャの化粧道具

古代ギリシャで使われた化粧道具としては、青銅盤を磨いた手鏡、白鉛を用いた白粉、海藻や植物を原料にした口紅、煤や炭を原料にしたアイシャドウなどが使われていました。