ロシアの有名な河川一覧【最長の川は?】

ロシアを流れる歴史的・経済的に特に重要な河川としてヴォルガ川、レナ川、オビ川などが挙げられます。ここではこれら主要河川の情報を簡潔にまとめています。

 

 

オビ川(国内最長)

延長:5,570km(うち本流は3650km)
水源:アルタイ地方
河口・合流先:北極海オビ湾

 

西シベリア低地を流れるロシア国内で最も長い川。水上は航路として利用され、流域は農業や鉱業が営まれるなど、ロシアの重要な経済基盤になっている。

 

ヴォルガ川

延長:3,690 km
水源:ヴァルダイ丘陵
河口・合流先:カスピ海

 

ロシア西部を流れる、ヨーロッパ・ロシアおよびヨーロッパ州で最も長い川です。別名「ロシアの母なる川」。古くからヨーロッパとアジアを結ぶ交易路として利用され、古代では「ラー川」、中世では「チリ川」と呼ばれていた。

 

レナ川

延長:4400km
水源:バイカル山脈
河口・合流先:北極海

 

東シベリア(イルクーツク州およびサハ共和国)を通る川。極北のツンドラ地帯を除いてはおおむね森林地帯になっている。サハ共和国の交通路として利用される他、流域は豊富な鉱物資源やエネルギー資源が埋蔵されていることから、開発が進められている。