ロベール・ブレッソンとは何をした人?〜虚飾を廃したひたすら映像美を追及した作風〜

 

ロベール・ブレッソンの基本情報

 

表記:Robert Bresson
前職:画家/写真家/脚本家
誕生:1901年フランス
死没:1999年フランス
代表作品:『罪の天使たち』『スリ』『バルタザールどこへ行く』『ラルジャン』

 

ロベール・ブレッソン(1901年 - 1999年)はフランスの映画監督で、プロの俳優をほとんど使わずに、虚飾を廃したひたすら映像美を追及した作風で知られます。ヌーベル・バーグの先駆者の1人。
そんなロベールは画家、写真家としてのキャリアを積んだ後、助監督や脚本家として映画界でのキャリアをスタート。1943年『罪の天使たち』で長編映画の監督としてデビューし、以来次々と秀作を発表するようになりました。そして彼はプロの俳優の芝居がかった演技を嫌ったため、素人ばかりを起用し、出演者のことを「モデル」と呼ぶなど、極めて異質な監督として注目されました。それでいて選び抜かれた映像と音の調和により観客を没頭させる作品の数々は、「映画」の定義を塗り替えるほどに、業界に衝撃を与えたのです。