ミラノ料理の特徴とは?〜子牛を多用〜

ミラノはイタリア北部に広がるロンバルディア州最大の都市。国内最大の工業都市として有名ですが、実は食料生産がさかんな農業都市でもあります。ロンバルディア州には、肥沃な農耕地帯が広がっており、ミラノにはそれを背景とした多様な食文化があるのです。

 

 

ミラノ料理一覧

カツレツ(Costoletta)

ミラノの郷土料理の特徴は、「肉類(とくに子牛)をふんだんに使った料理が多い」ということです。ロンバルディア州の広大な牧場では、健康的な牛がよく育ちます。そしてミラノの肉料理といえば、子牛肉をたていて伸ばし、小麦粉・卵・パン粉でコーティングし揚げたミラノ風カツレツが特に有名です。大きいですが、レモンの酸味でさっぱりしており食べやすいです。チーズ風味を出すために、小麦粉にパルメザンチーズを混ぜることもあります。

 

「ミラノ風」の意味
「ミラノ風◯◯」という料理は日本でもお馴染みですが、いわゆる黄金食の料理を表す言葉です。ミラノは金融の中心地で「富の象徴」であり、黄金色のサフランや揚げ衣などが使われているイタリア料理が「ミラノ風◯◯」と呼ばれるようになったのです。上で紹介したミラノ風カツレツの他には、サフランを用いて作るミラノ風リゾットも有名ですね。

 

オッソブーコ(Ossobuco)

子牛のすね肉を厚さ4cm程度に輪切りにし、トマト・ワイン・ブイヨン・香味野菜(ローリエなど)と煮込む料理です。リゾットの上にのっけて食べる食べ方が定番です。

 

ミネストローネ (Minestrone)

ロンバルディア発祥の伝統的な野菜スープです。ベーコン・トマト・セロリ・人参・パスタ(もしくは米)など様々な具が入っています。

 

ティラミス(Tiramisu)

ロンバルディアで伝統的なデザート菓子です。砂糖入りコーヒーとリキュール(もしくはエスプレッソ)に浸したスポンジケーキと、ロンバルディア産の柔らかいマスカルポーネチーズを用いたクリームを交互に重ね、冷やし固めて作ります。仕上げにココアパウダーを振って完成です。

 

パネトーネ (Panettone)

ミラノのクリスマスに食べる風習がある発酵菓子パンです。パネトーネ種を用いて発酵させたパンを、ドーム型に焼いて作ります。果物の砂糖漬けや干しぶどうが入っており、保存期間が長いです。

 

ズブリゾローナ(Sbrisolona)

トウモロコシ粉とアーモンドから作るクッキー状のお菓子です。1個直径20cm程度と大きく、手で砕きながら食べます。ザクザクとした歯ごたえが特徴的です。

 

グラナ・パダーノチーズ(Grana padano)

9〜16ヶ月と短い熟成期間で作るチーズです。塩分濃度が薄めで、マイルドな味わいが特徴です。硬く、砕けやすいチーズで、粉チーズとしてトマトスパゲッティやカルボナーラなどにかけて食べることが多いです。(「グラナ」とは粒状のという意味)

 

 
ページの先頭へ戻る