フランスと中国の関係

フランスと中華人民共和国の外交関係は、1964年に中国・フランス両国で樹立が宣言されたことで開始され、以来政治・経済の結びつきが本格化していきました。

 

両国は政治や文化で相違は多いものの、フランスはヨーロッパ、中国はアジアをリードする経済大国として、超大国(アメリカ)への一極集中にならない多様性のある世界秩序を実現しようという点では一致しており、互いに外交関係の深化を重視しています。

 

中華人民共和国成立以前

中国とフランスの直接的な交流は、17世紀頃から始まります。ルイ14世に派遣され、多くのイエズス会宣教師兼科学者が中国に渡り、中国の科学に少なくない影響を与えています。

 

逆に宣教師が帰国した後は、フランスで中国文化が流行し、ルイ14世は中国様式の建造物をベルサイユ宮殿近くに建設し、宴会場として利用されました。

 

宣教師の来中により、キリスト教に改宗した中国人もおり、そのうちアルカディオ・ファン(1679〜1716)は1702年にフランスを横断しています。彼は国王の中国語通訳として働いたり、史上初めて中仏辞書の作成にも取り組むなど、フランスでも有名な人物です。