イギリスが世界最速で産業革命を起こせた理由とは?

イギリスが世界最速で産業革命を起こせた理由とは?

産業革命を主導した力織機

 

産業革命とは18世紀後半から19世紀前半にかけて起こった、イギリスにおける重工業や電力、内燃機関などの技術革新にともなう産業変革のことです。19世紀から20世紀初頭にかけては、ヨーロッパ諸国や日本にも普及していき、人類の生活を一変させました。

 

産業革命はいつ起こった?

発端は1785年頃からワットが発明した蒸気機関が導入されたことでした。動力として動物の筋力、水力、風力の代わりに機械が導入され、工場の立地の制約を受けない大量生産が可能になったのです。主要貿易品の毛織物の繊維工業部門から始まり、鉄工業、機械工業、石炭鉱業に波及。鉄道や船などの動力にも蒸気機関が導入され、交通革命も引き起こしました。

 

なぜイギリスで起こったか?
  • イギリスには多くの資本家が存在し、大規模な事業を行う資金が確保できた。
  • 蒸気機関をはじめとする近代動力源が最初に発明され、工場制機械工業による大量生産が可能になった。
  • イギリスでは泥炭が豊富にあり、燃料の価格が安く抑えられた。

 

社会への影響

産業革命により世の中は農業社会からの工業社会に一変し、マンチェスター、リバプール、バーミンガムなどの新興都市が誕生、発展途上だった近代資本主義経済が確立するなど、経済・社会構造にも大変革が起こりました。しかしいい面ばかりではなく、工業社会への急激な転換は、労働問題、人口の都市への集中、小生産者、職人層の没落などを引き起こしました。こうした負の面も合わせて文明史に残る大変革が産業革命だといえます。

 
ページの先頭へ戻る