マルタの年表

 

マルタ(正式名称:マルタ共和国)は、南ヨーロッパの 地中海中心部・中欧海峡に位置する 共和制国家およびイギリス連邦加盟国です。 マルタ島,ゴゾ島,コミノ島などで構成される島国で、気候区は 地中海性気候に属しています。首都は 地中海交通の中心地で、騎士団関係の建造物で知られる バレッタ。
この国ではとくに繊維工業やワイン製造、造船業などが発達しており、また旧市街など観光資源を背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんな マルタの国としての歴史は、16世紀に建設された4 マルタ騎士団領から始まるといえます。その後マルタ騎士団は5フランス革命期の18世紀末にナポレオン軍により追放され、ナポレオン失脚後にはパリ条約でイギリス領に併合されます。以来イギリス地中海艦隊の基地となり、第一次大戦、第二次大戦では連合国の要衝として機能しました。そして20世紀後半に国民投票でイギリス連邦内の自治国として独立、共和制に移行 して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなマルタの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

マルタの歴史年表

前1000年頃 フェニキア人による支配
前400年頃 カルタゴによる支配
前218年 ローマによる支配
60年頃 使徒パウロの漂着
395年 東ローマ帝国による支配
870年 イスラム勢力による支配
1090年 シチリア王国による支配
1127年 ノルマン人による支配
1193年 ナポリ王国による支配
1479年 スペインによる支配
1530年 聖ヨハネ騎士団による支配
1565年 マルタ包囲戦
1566年 首都バレッタの建設
1798年 フランスによる支配
1801年 イギリスによる支配
1800年 第二次武装中立同盟
1814年 パリ条約で正式にイギリス領に
1914年 第一次世界大戦(〜18年)
1939年 第二次世界大戦(〜45年)
1964年 イギリス連邦王国自治領マルタ国として独立
1974年 共和制に移行/マルタ共和国の成立
1979年 駐屯していたイギリス軍の撤退
1980年 3つの文化財が世界遺産に登録
1989年 マルタ会談
2004年 欧州連合(EU)に加盟
2008年 ユーロ通貨を導入