ギリシャの有名な山一覧

ギリシャにはピンドス山脈とロドピ山脈という2つの大きな山脈が走っており、その影響で国土の8割が山岳地帯となっています。とりわけピンドス山脈は2000m超えの高山がいくつもありますが、国内最高峰はピンドス山脈にもロドピ山脈にも属さないオリンポス山(標高2917m)になります。

 

 

オリンポス山

標高:2917m
位置:テッサリア地方
解説:テッサリア地方にあるギリシャの最高峰の山です。古代ではギリシャ神話の神々(オリュンポス十二神)が住んでいると信じられていました。
東西、南北に15kmにもわたり広がっています。この山の最高点はギリシャ語で「鼻」を意味する「ミティカス」と呼ばれています。

 

パルナッソス山

標高:2457m
位置:コリンティアコス湾北部
解説:中央ギリシャのデルポイの近郊にある山です。石灰質の岩で覆われており、緑は少ないです。ギリシャ神話では文芸を司る神ミューズが住む山とされています。

 

イディ山

標高:2456m
位置:クレタ島
解説:ギリシャ最大の島クレタ島にそびえる最高峰の山です。ギリシャ神話の大地の女神レア-が祀られています。またこの山の洞窟で主神ゼウスが生まれたとも伝えられています。

 

アトス山

標高:標高2,033m
位置:アトス半島の先端
解説:アトス山は、ギリシャ北東部のアトス半島の先端にそびえる山です。ギリシャ正教会の聖地とされており、「聖山」の名でも知られています。アトス山周辺には20の修道院が存在します。

 

ヘリコン山

標高:1,749 m
位置:コリンティアコス湾近郊
解説:ヘリコン山は、ヴィオティア県のコリンティアコス湾近郊にそびえる山です。文芸を司る神ミューズを祀る、アガニッペー、ヒッポクレーネーと呼ばれる2つの泉が存在します。

 

キサイロナス

標高:1,409 m
位置:中央ギリシャ
解説:キサイロナス山は、北部のボイオティア、南のアッティカとの教会にそびえる山です。ギリシャ神話ではワインの神であるディオニソスを祀る山とされています。またスフィンクス退治で有名なオイディプスはこの山で捨てられたと伝えられています。