ジャージー島の歴史

ジャージー島はイギリス海峡南部、チャンネル諸島に属するイギリス領の島です。温和な気候と肥沃な土壌に恵まれていることから作物(ジャガイモ、トマトなど)の栽培、ジャージー種乳牛の生産などがさかんで、風光明媚な景観とその過ごしやすさから、古来より保養地としても有名です。そんなジャージー島はどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。

 

 

名前の由来

正式名称は「Bailiwick of Jersey」で、「Bailiwick」というのは「代官」という意味になります。

 

支配の歴史

古代

共和政期において、古代ローマ人がこの島を占領したという公的な記録はありませんが、海岸より硬貨をはじめ、考古学的遺物が発見されていることから、なんらかの形で初期からローマ人がジャージー島に関わっていたことは確かです。

 

また帝政移行後、アウグストゥスがガリアを4つの州に分割した際、ジャージー島はガリア東部のガリア・ルグドゥネンシスの一部になっています。

 

中世

9世紀から10世紀にかけてはヴァイキングの根拠地となっていました。その後は11世紀のノルマン・コンクエストにともない、ノルマン朝イングランド王国の一部となり、以来イギリス領として定着しました。

 

近代

第二次世界大戦中の1940年から45年にかけて、チャンネル諸島がナチスドイツの侵攻にあい、諸島の一つであるジャージー島もナチスに占領されました。イギリス海峡に位置する島々が抑えられたことで、イギリスはナチスドイツの軍事的脅威をより身近なものとして感じるようになったのです。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島