プルタルコスとは何をした人?〜『英雄伝』の執筆〜

ニュルンベルク年代記のプルタルコス

 

プルタルコスの基本情報

 

生誕:46年頃カイロネイア
死没:119年以降
民族:ギリシア人
主著:『英雄伝(対比列伝)』『道徳論集』

 

プルタルコス(46年頃 - 119年以降)は古代ローマ帝政期のギリシア人歴史家で、『英雄伝(対比列伝)』『道徳論集』の著者として知られています。ボイアティア地方のカイロネイア出身で、人生の大半を故郷での執筆活動および教育に捧げました。
一方でカイロネイアの使節としてローマに赴くことが多く(後の皇帝ハドリアヌスの家庭教師も務める)、その中でローマの習俗や歴史に関する知見を深めるようになります。古代ギリシアの人物と古代ローマの人物を対比して論じた主著『英雄伝(対比列伝)』はそういった経験を活かして書かれた伝記集になります。