産業革命とエネルギー革命の違いは?

産業革命とエネルギー革命の違いはなんですか?

エネルギー革命というのは、現在使われているエネルギー資源が、別の資源へと急速に変化していく現象のことです。

 

18世紀以降の産業革命では、蒸気機関車や蒸気船の動力源として、石炭が従来の薪・木炭に代わり使われるようになり、工業化の原動力となっています。

 

つまり産業革命はエネルギー革命でもあり、産業革命の進行にともない石炭の使用が本格化したことは「第一次エネルギー革命」と呼ばれています。

 

エネルギー革命によって生活が豊かになった一方で、石炭の消費により多くの汚染物質が排出され、環境汚染が社会問題として噴出。これを受け、「第二次産業革命」への転換が開始されるのです。

 

※木材に代わり石炭が使われるようになった理由には、過度な伐採で森林資源が激減し木炭の価格が高騰したことがありました。