ピウス7世とは何をした人?〜ナポレオンと政教協約を結ぶ〜

 

ピウス7世の基本情報

 

本名:ジョルジョ・バルナバ・ルイジ・キアラモンティ
誕生:1742年チェゼーナ
死没:1823年ローマ
在位:1800年3月14日-1823年
政策:フランスと政教協約(コンコルダート)を締結し、フランスとカトリック教会の関係を修復。

 

ピウス7世(1742年 - 1823年)は、激動のナポレオン戦争時代のローマ教皇です。貴族の生まれで、1756年ベネディクト会に入ってから頭角をあらわし、修道院院長、司教、枢機卿など要職を歴任。1799年ピウス6世の死を受け、コンクラーヴェ(教皇選挙)が行われ、教皇に選出されたのです。
彼が就任後まず取り組んだのは、フランスとの関係修復でした。就任直前まで続いていたフランス革命は反カトリック運動としての性格も孕んでいたので、フランス革命を終息させ、独裁的な権力を握っていたナポレオン・ボナパルトに接近。政教協約(コンコルダート)を締結し、フランス政府とカトリック教会の関係を修復させたのです。
しかしナポレオンはこの協約を自身の権威強化のために徹底的に利用したため、教皇権の後退という結果も招きました。さらにナポレオンは利用するだけに留まらず、教皇領支配を画策し、1809年ローマを占領。ピウス7世を幽閉してしまったのです。1814年ウィーン会議で復権を果たしますが、失墜した権威が回復することはありませんでした。