大航海時代にもたらされたジャガイモが欧州史を変えた?

 

 

ジャガイモはアメリカ大陸(新世界)中央アンデス原産の農作物で、トウモロコシやタバコ、唐辛子、サツマイモ、トマトなどとともに大航海時代にヨーロッパ(旧世界)に持ち込まれました。

 

ジャガイモの伝来

16世紀半ば、最初にジャガイモをヨーロッパの地にもたらしたのは、1532年「新大陸」ラテンアメリカのインカ帝国を征服したスペイン人でした。

 

アメリカ大陸では紀元前5000年頃にはジャガイモの栽培化が行われ、スペインに滅ぼされるまでインカ文明を支えていたのです。

 

ジャガイモが重要な食糧源に

ジャガイモは、ヨーロッパに伝わってしばらくは、家畜の飼料として利用されていたに過ぎませんでしたが、列強同士の戦争が激化し、飢饉の問題が深刻化する中で、ジャガイモの重要性が増していきました。

 

カロリーも高く、栄養価もそれなりなので、小麦が凶作で食べられない時の貴重なエネルギー源になったのです。ジャガイモの普及により餓死者が減少し、ヨーロッパの人口は急増していきました。

 

その一方で寒さに強いことから北欧では主食として依存されるようになり、それゆえにジャガイモの不作は大飢饉の元となりました。