スウェーデン料理の特徴

スウェーデン料理の特徴

国土が南北に長いスウェーデンは気候・風土の変化に富み、地域ごとに特色の異なる食文化を持ちます。北部では昔からの名残でジビエを使った料理文化が、南部では同君連合(カルマル同盟)時代の名残でデンマークの影響を受けた料理文化が根付いています。

 

 

スウェーデンの肉料理

牛肉、鶏肉、羊肉、豚肉が食べられ、ミートボールや肉汁をもとに作られるグレイビーが人気です。ミートボールは酸味のあるリンゴンベリー・ジャムを添えて食べられることが多いです。

 

スウェーデンの魚料理

バルト海や北海に面するスウェーデンは伝統的に魚料理がよく食べられ、長期保存のために塩漬け処理されるのが一般的です。

 

スウェーデンのスープ料理

スウェーデンではとろみのあるフルーツスープがよく食され、「ニッポンソッパ」や「ブローベルスソッパ」が有名です。冷製スープも温製スープも好まれます。

 

スウェーデンのお菓子

スウェーデンでは菓子パンやビスケット、ケーキなど様々なお菓子(ペイストリー)が食べられます。スウェーデンには古くから「フィーカ」とよばれるコーヒーブレイクの生活慣習があるのですが、砂糖たっぷりのお菓子はフィーカのお供として欠かせないものになっているのです。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理