ルネサンス時代の三大発明とは?

 

 

ルネサンスの三大発明は、いずれも中国に起源をもつものですが、ヨーロッパで改良され実用化されていったものです。

 

火薬

最初の火薬である黒色火薬は、9世紀の中国で不老不死の薬を作ろうとする錬丹術の副産物として生まれ、武器として実用化までされました。

 

ヨーロッパでは、13世紀ごろには初期の大砲が開発されました。15世紀にはマスケットと呼ばれる火縄銃も完成し、この新しい武器の浸透は、騎士の時代の終わりを告げるものともなりました。

 

羅針盤

中国では、8世紀には磁針が方角をさすことが知られるようになり、羅針盤の原型ができていました。しかし当時の中国では、羅針盤は風水などの吉凶の占に使われることがほとんどでした。

 

対して15世紀のヨーロッパでは、地中海交易の恩恵が薄かったスペインやポルトガル、プロテスタントの勢いにのまれて支持者を減らしていたカトリック勢力など、新大陸に活路を見出そうとした人々によって大航海時代が始まります。

 

その危険な冒険を支えたのが、天候に左右されることなく方角を見定めるための羅針盤の存在だったのです。

 

活版印刷術

15世紀のドイツの金物屋グーテンベルグは、紙に金型で文字を印刷する活版印刷の技術を開発し、1455年にはグーテンベルグ聖書を出版しました。

 

すでに13世紀のイタリアでヨーロッパ向きの製紙技術が確立されていたことも手伝って、出版業界は急速な成長を見せます。

 

特に16世紀の宗教革命のときには、一般市民の読める言語で、聖書やカトリック教会の抱える闇を暴いた文書が出版されました。

 

印刷術は情報伝達の速度を格段に早くし、一般市民が触れることのできる情報の量も大幅に増やしたので、社会の構造を大きく変えることにつながったのです。