スペインの森林

スペインは国土の3割ほどを森林が占めています。オウシュウウバメガシ、カイガンマツ、ユーカリ、セイヨウハコヤナギなどが支配的で、南部の地中海岸からカタルーニャにかけては、オリーブやコルクガシなどの硬葉樹林が広がっています。

 

昨今のスペインの森林事情

スペインは21世紀以降、植林により急速に森を増やしていますが、気候が乾燥していることと、近年の地球温暖化の影響で、森林火災による被害も増えています(ただし最も多いのは人為的な放火)。とくに気温が高めの南部では、毎年のように熱波による森林火災が発生し、広大な森林が焼失しているのです。

 

山火事は南欧諸国を中心に多く発生しているのですが、スペインは大部分を占めており、ただでさえ長年干ばつで苦しいスペインにとって追い打ちとなっている状況です。それを受けスペイン政府は予防策の強化や消化隊員の増加など、あの手この手で被害拡大を抑えようとしているのです。

 

 

スペインの森林

イラティの森

位置:バスク地方ピレネー山脈山中
面積:173 平方キロメートル
樹種:ブナ、モミ等
スペインとフランスにまたがるイベリア半島最大の森で、イラティ川流域に分布する。人の行き来ができるよう整備されており、夏季にはハイキング客やサイクリング客で賑わう。