ギリシャ料理の特徴

ギリシャ料理の特徴

ギリシャ料理は、地中海食と呼ばれる地中海沿岸の伝統料理の1種です。イタリア料理やスペイン料理も、この地中海食に含まれます。地中海性気候での生産に適したオリーブ、ブドウ、ナッツ、チーズ、ヨーグルトなどの食材が多く使われるのが特徴です。食事とともにワイン(ブドウ酒)を嗜むのも地中海食の伝統です。

 

 

ギリシャ料理の特徴

オリーブを多様

ギリシャ料理は、オリーブオイル、塩、ハーブといった、素材を活かすシンプルな味付けのものが多いことが特徴としてあげられます。その中でもギリシャ料理を語る上で外せないのは、オリーブオイルです。

 

日本でオリーブオイルと言えばイタリア料理に結びつける人の方が多いかもしれませんが、ギリシャ国民のオリーブの摂取量は世界一と言われています。

 

ギリシャの温暖な気候はオリーブの生産に適しており、フレッシュなオリーブオイルは料理に欠かせないものとなっています。

 

ヘルシーな食文化

ギリシャ料理は、野菜や果実、ヨーグルト、チーズなどが主要な食材で、肉などの動物系の食材があまり使用されないのが特徴です。

 

一昔前のギリシャの人々は、週に1,2回程度しか肉を食べなかったそうで、現代の私たちの食生活に比べると、非常にヘルシーな食文化であると言えるでしょう。このヘルシーな地中海の食文化は地中海ピラミッドとも言われており、健康的な食として注目されています。

 

無形文化遺産に登録

ギリシャ料理は地中海食の一種。地中海食は、地中海で採れる海産物もよく使われ、果物や野菜もふんだんに使うので、美味しいだけでなく栄養バランスが良く健康に良いことでも知られています。食事の時に食卓を大勢の人々で囲って、楽しく雑談したり、歌ったり踊ったりする文化なども評価され、地中海食は2010年にユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

 

トルコ料理との類似

古代から近代にかけて、現トルコの国土であるアナトリア半島には、ギリシャ人が多く居住していたため、ギリシャ料理とトルコ料理の共通点は多いです。

 

宗教との結びつき

ギリシャ料理に野菜を豊富に使うようになったのは、ギリシャ正教会の祝祭日(降誕祭前日や神現祭前日など)で肉食を禁じる戒律があることが深く関係しています。もっとも近年はさほど厳格でなくなったので、祝祭日でも普通に肉を食す信徒も珍しくありません。

 

小皿料理、メゼ

ヘルシーな食材にシンプルな味付けと、ギリシャ料理は簡素な食文化であると言われることもあるそうです。しかしギリシャの人々にとって、食事はただ食欲を満たすためのものではなく、大事なコミュニケーションの場という意味合いも強くあるのです。

 

ギリシャには、「タベルナ」と言われる大衆食堂が各地に存在しており、そこで友人や家族と語らいながら、食事とワインを楽しむ文化があり、その際、「メゼ」と呼ばれる小皿料理が多く食されます。

 

旬の野菜やとれたての魚などをふんだんに使用した料理が所狭しと並ぶ光景は、ギリシャの食文化の象徴とも言えるのではないでしょうか。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理