イギリスの森林

イギリスの森林率は1割程度で、大部分は放牧地や荒地となっており、イギリスの森林は多いとはいえません。4000年以上前には豊かな森林に覆われていたと考えられていますが、2000年ほど前から農業目的の開発と木材の伐採により急激に張り始め、12世紀にはすでに森林率15%まで激減していたようです。

 

さらにそのわずかに残っていた森も、産業革命期の乱開発で次々伐採され、20世紀には5%まで落ち込んでしまったのです。

 

イギリスにおける森林保護活動

イギリスでは自国の森の危機的状況を受けて、1950年〜1970年頃から植林活動が始まり、95年には10%程度にまで回復させることができました。(そのため現在イギリスにある森の大部分は外来種の針葉樹です。)

 

現在チャリティー団体ウッドランド・トラストが危機に瀕している森林を救うべく様々な活動を行っていますし、イギリス政府は植林と森林活動支援のために2015年に3000万ポンドの予算を抽出するなど、官民両輪でイギリスの森を復活・保護していこうという動きがみられます。