大航海時代にともなう「銀」流入の影響とは?

 

 

大航海時代、世界中の様々な産品がヨーロッパ大陸にもたらされましたが、その産品の1つに「銀」があります。

 

銀は古来より貨幣・装飾品・工業製品の原料として重用された貴金属ですが、1545年スペイン人探検者によりボリビア南部の銀山が発見されて以降、ここで大量の銀が産出されては、ヨーロッパへと送られるようになりました。

 

ヨーロッパへの銀流入の影響

価格革命

ヨーロッパに大量の銀がもたらされたことで、ヨーロッパの物価が数倍に跳ね上がる「価格革命」と呼ばれる経済秩序の革新が起こりました。

 

この価格革命は中世封建社会の崩壊と、近代資本主義体制への移行を促進したという点で非常に重要です。

 

三角貿易の開始

鉱山における銀の発掘において、最初のうちは先住民を使役していましたが、やがて過酷極まる労働条件や感染症の流行により数が激減してしまいます。

 

そこでヨーロッパ人は、労働力の補完のためアフリカで黒人奴隷を調達するようになり、ヨーロッパ(毛織物・武器など)→アフリカ(黒人奴隷)→アメリカ(砂糖・綿花・タバコなど)という三角貿易が開始されることになるのです。

 

この三角貿易で最も利益をあげたのはイギリスであり、イギリスはのちに三角貿易で手にした莫大な富を元手に産業革命を起こし、大英帝国として世界の覇権を握るようになるのです。