神聖ローマ帝国の建国者は誰にあたるのですか?

神聖ローマ帝国は、962年東フランク王国のオットー1世の即位によって成立した国なので、建国者が誰か?と聞かれれば初代神聖ローマ皇帝オットー1世(もしくはオットー大帝)と答えておくのが無難でしょう。

 

オットー1世はザクセン朝ハインリヒ1世の息子で、ローマ教皇から、ローマ教会の皇帝としてはおよそ40年ぶりに冠を授けられることで、ローマ帝国の継承者として認められ、神聖ローマ帝国の政治上のトップとして君臨するようになりました。※

 

ただし神聖ローマ帝国は5世紀に滅んだ古代ローマ帝国の継承者を自称していたので、この主張を認めた場合、古代ローマの初代王ロムルスを神聖ローマ帝国の建国者と解釈することも可能でしょう。

 

※実際に「神聖ローマ帝国」という国号が現れるのは12世紀以降であることは注意!