大航海時代フィリピンが植民地化された理由とは?

 

 

フィリピンはアジア大陸南東海上に位置し、太平洋〜南シナ海間のフィリピン群島を国土とする共和国です。マレー系住民が大部分を占めており、公用語としてフィリピン語と英語を話します。

 

大航海時代とともに始まったフィリピン植民地化

フィリピンの歴史は、大航海時代の始まりに大きく影響を受けています。大航海時代初期の1521年、スペインのマゼラン探検隊が到達して以降、3世紀にわたり同国の植民地支配を受けてきたからです。

 

スペイン支配の影響

現在、フィリピンにおいて人口の9割がキリスト教カトリックを信仰しているのは、スペイン支配が長く続いた影響で、さらに「フィリピン」という国名は、1542年にスペイン皇太子フェリペ2世の名にちなみ命名されたものです。

 

スペインがフィリピンに進出した理由

スペインがフィリピンに進出した理由は、アジア香辛料交易の利権でした。

 

この群島は海上交通の要所であり、実際首都マニラは、スペイン植民地時代を通して、メキシコのアカプルコとの間で行われたアカプルコ貿易によって大いに繁栄したのです

 

スペイン支配の終焉

19世紀末、スペインと新たに台頭してきた新興国アメリカ合衆国が、フィリピンの利権を巡り軍事衝突を起こします。

 

この米西戦争(1898年4月〜8月)の結果、支配権はアメリカに移り、太平洋戦争では一時日本に占領されましたが、終戦後の1946年独立し共和国となりました。