オランダの気候的特徴

オランダは暖流である北大西洋海流の影響により、夏はそこまで暑くならず、冬は緯度のわりに温かい「西岸海洋性気候」が支配的です。降水量の年較差も少なく、毎月50mm程度の降水が確認され、曇りの日が多いです。とくに秋から冬にかけては3日に2日の割合で雨が降ります。

 

オランダは正式名称が「低地地方(ネーデルラント)」を意味するだけあり、国土全体が平坦な地形で、国土もそこまで大きくないので、気候の地域差はあまりみられません。

 

風を妨げる山がなく平坦な地形のオランダは、北海からの強風をもろに受けているのが特色の一つで、昔からこの風を風力として利用してきました。オランダに風車が多いのはこのためです。風車は風力発電のためだけでなく、風により内陸に入り込んできた海水を海に排出する動力として利用されました。