トゥキディデスとは何をした人?〜ペロポネソス戦争を詳細に記録〜

トゥキディデスのモザイク画

 

トゥキディデスの基本情報

 

生誕:前460年頃アテナイ
死没:前395年
民族:ギリシア人
主著:『歴史』

 

トゥキディデス(前460年頃 - 前395年)は古代ギリシアの歴史家で、古代ギリシア最大の戦争といえるペロポネソス戦争を詳細に記録した『歴史』の著者として知られる人物です。
アテナイの有力貴族の出で、前431年にアテナイ同盟とスパルタ同盟による全ギリシアを巻き込んだペロポネソス戦争が勃発すると同時に、その戦況の記録を始めています。自らもアテナイ側の将軍として戦線に立っており、その作戦の失敗でアテナイから追放処分を受けたことが、彼が公平の立場から歴史を記述するのに役立ちました。彼は亡命中、ギリシア各地をめぐり、戦争に参加もしくは間近で見た人々から情報を収拾、スパルタ・アテナイどちらからも距離を置いた立場で、史料を冷静・客観的・批判的に取り扱い歴史を書いたため、近代歴史学の先駆けとされているのです。