古代ローマの通貨単位とは?

 

古代ローマの繁栄の理由の一つに商工業の発達があり、商工業の発達を支えたのが通貨の存在です。ローマでは紀元前3世紀頃から紀元3世紀頃まで、アウレウス(金貨)、デナリウス(銀貨)、セステルティウス(青銅貨)、デュポンディウス(青銅貨)、アス(銅貨)などの貨幣が使われ、流通を支えていました。

 

通貨の役割

また通貨には経済活性化以外にも重要な役割がありました。硬貨に彫られた図像や文字で、権力者の権威を高めたり、考えを広めるというもので、tresviri monetales(三人の造幣者)と呼ばれる硬貨に描く図像を決定する役職も存在しました。

 

長らく硬貨の肖像には造幣者の祖先が描かれるのが慣習でしたが、ユリウス・カエサルが存命中初めて硬貨に自分の肖像を描かせてから、皇帝が硬貨に自分の肖像を描かせる習慣が定着しました。

 

通貨の種類

アウレウス(金貨)

デナリウス銀貨25枚相当。紀元前1世紀から紀元4世紀初頭まで。金で製造されており、その純度は99パーセント。

 

デナリウス(銀貨)

前211年から。10アスに相当。徐々に品質が低下していき、アントニニアヌス銀貨に取って代わられた。銀で製造されており、その純度はローマの経済状況によって変化した。

 

セステルティウス(青銅貨)

共和政時代はとても小さな、ごくまれに造幣される貨幣に過ぎなかったが、帝政時代に入り大型となり、造幣量も増加した。徐々に品質が低下していき、アウレリアヌス(在位:270年〜275年)の治世を最期に造幣されなくなった。

 

デュポンディウス(青銅貨)

2アスに相当する真鍮の貨幣。共和政時代はほとんど造幣されなかった。

 

アス(銅貨)

共和政時代に初めて登場。表面にはローマ神話のヤヌスの胸像、裏面にはガレー船の船嘴が描かれていた。帝政時代になって従来の青銅から銅貨に変更された。