ギリシャ神話における「人間の誕生」について

ギリシャ神話における人間の誕生ついては、解説書などを紐解いてもあまり明確に記されていません。

 

しかしギリシャ神話の中で、人間は自然に存在しています。

 

ここではギリシャ神話において、人間はどうやって誕生し、存在しているのかを解説していきます。

 

人間はどうやって誕生したか

ギリシャ神話で人間の誕生がはっきりと描かれていないのは、人間は古来より、自然発生的に大地に生きていたと考られているからです。

 

ギリシャ神話においては神も人間も、元々は等しく「ガイア(大地)の子」なのです。

 

それはつまり、神と人間は兄弟のような存在ということで、その違いは、神々は不死であり、絶対的な力を持っているところです。

 

わかりやすく言えば、神は「貴族」であり、人間は神に仕える一方で守られる存在「庶民」であるといえます。

 

さまざまな説

ギリシャ神話では、人間は土より生まれたとされていますが、女性については少し違います。

 

ヘーシオドスの『仕事と日』では、ゼウスが禁忌を破った人間に災厄を与えるため、美しき悪として最初の女性、パンドーラーを作ったとされています。

 

同じ人間でありながら、女性だけは悪として作られたものというのは、今の時代やや受け入れ難いところもあります。

 

しかし、これはひとつのいわれであり、解釈でしかありません。

 

多くの神話において、人間は神が創り出したものであるとされています。

 

そうではないとするところに、ギリシャ神話の独自性と大らかさがあるのです。